Function CREMASYの機能紹介

CREMASYの主な機能についての紹介とそれぞれの機能で解決できる課題をご紹介します。
※製品版リリースまでに機能に変更がある場合がございます。予めご了承ください。

01

企業不動産管理機能

企業不動産管理機能

「企業不動産管理機能」は、自社で管理する個々の企業不動産に関する詳細な情報を一元管理するための機能です。
企業不動産を活用した企業価値の向上戦略として、注目されている「CRE戦略」における基本であり、根幹をなす部分に対応します。

こんな課題をお持ちの方

  • 各営業所、各拠点ごとに情報は管理しているが、フォーマットがバラバラで見たい情報がすぐに見れない・・・
  • 固定資産の台帳で不動産情報は管理できているが、それに紐づく資料(ハザードマップや竣工図、耐震調査資料など)がどこにあるか分からない・・・
02

ワークフロー機能

ワークフロー機能

「ワークフロー機能」は、企業不動産情報をシステム上に公開する際に、不動産管理部門の担当者からの公開申請や削除申請、その上長や経営者の差し戻しができる機能です。
ワークフローを使った確認を行なうことで、誤った情報の公開を未然に防いだり、「承認待ち」の申請を一覧表示できるため、どの情報を確認したらよいかをすぐに見られるようになっています。

こんな課題をお持ちの方

  • 社内でも経営層のみに公開したい不動産情報だったのに、一般社員にも公開してしまった・・・
  • 不動産情報を公開する際に、一度内容を確認してから公開したい・・・
  • 公開する情報の確認を依頼されたが、どれを確認したらいいか忘れてしまった・・・
03

検索機能

検索機能

「検索機能」はシステム内に登録してある企業不動産情報を都道府県や管理部門、機能・用途などで絞り込んで一覧表示する機能です。
管理する不動産情報が大量にある場合や部署/営業所ごとに管理している企業不動産情報が見たい場合などに絞り込んで表示させることができます。

こんな課題をお持ちの方

  • 管理している不動産情報が多すぎて、どの拠点/営業所で管理しているか調べる時間がかかりすぎる・・・
  • 各営業所や部署ごとにどれぐらいの不動産を管理しているのか知りたい・・・
04

マップ機能

マップ機能

「マップ機能」はGoogle マップ®を用いて、システムに登録している不動産の位置を表示する機能です。
マップ全体に不動産情報の位置がプロットされるため、各不動産間の位置関係を俯瞰して見ることができます。また、マップ上での絞り込み検索も可能なので、絞り込んだ条件でマップ上に表示する不動産を限定することができます。

こんな課題をお持ちの方

  • 拠点間の距離や位置関係が不明瞭なため、俯瞰して全体を把握したい・・・
  • 効率のいい運搬ラインを検討するために、工場と営業所や拠点の位置関係を知りたい・・・
05

閲覧制限機能

閲覧制限機能

「閲覧制限機能」は企業不動産情報自体もしくは一部の項目をシステムで与える権限によって、表示できる範囲を制限する機能です。
一般社員には必要最低限の情報だけ見せておき、経営層は必要最低限の情報に加えて経営戦略を立てる上で必要な情報を表示するということが可能です。

こんな課題をお持ちの方

  • 役割・権限ごとに閲覧できる不動産情報/項目を制限したい・・・
  • 一般社員には必要な情報だけ表示したいけど、経営層には他にも付随した情報を表示したい・・・